未分類

液晶テレビの電気代はどのくらいなの?

液晶テレビの電気代はどれぐらいなのでしょうか?
テレビの消費電力はサイズによって異なり、サイズが大きくなればそれに伴い消費電力も大きくなり逆も然りです。
またメーカーに寄って若干のばらつきもありますので一概に◯型クラスの液晶テレビの電気代は△円とはいえません。
ですからここでは各サイズごとの一般的な消費電力で電気代を計算していきたいと思います。

ではそれぞれ1時間・1ヶ月間、1年間使用した場合の電気代を見ていきましょう。
なおここでは1kWhあたりの電力量料金は全国平均である22円と仮定して計算します。
実際に計算する場合、電力料金は各ご家庭にて契約している料金プランに従って計算してください。
電気代の計算式は「W÷1000×一日の使用時間(h)×1kWhあたりの電力量料金=電気代」となります。

20型クラスの液晶テレビの定格動作消費電力は約40~50wです。
これを1時間使用した場合の電気代は約0.88円~1.1円となります。
1ヶ月間で26.4円~33円、年間で316.8円~396円。

30型クラスの液晶テレビの定格動作消費電力は約70~100W。
1時間使用した場合の電気代は1.54円~2.2円です。
1ヶ月間で46.2円~66円、年間554.4円~792円。

40型クラスの液晶テレビの定格動作消費電力は約100~120W。
1時間使用で電気代は2.2円~2.64円となります。
1ヶ月間で66円~79.2円、年間792円~950.4円。

次に50型クラスの液晶テレビは、約120~160W。
1時間使用で電気代は2.64円~3.52円です。
1ヶ月間で79.2円~105.6円、年間950.4円~1267.2円。

最後に60型クラスの液晶テレビ。
このサイズになるとやはり消費電力は大きくなります。
60型クラスの定格動作消費電力は約170~220Wです。
1時間使用の電気代は3.74円~4.84円となります。
1ヶ月間で112.2円~145.2円、年間1346円~1742.4円。興味がある人はコチラへ

ジェネリック家電って何?

ジェネリック家電とは大手メーカーと同等の部品を使用していながらも不必要な機能を無くし、低価格を実現した日本の家電製品のことです。
販売価格は大手メーカーと比較し半額以下のモデルもあり非常に手頃と言えます。
安い家電だと壊れやすいと思われがちですが、使用しているほぼ同等の部品をしていますので実は大手メーカーと大きな差はありません。
大手メーカーの製品は高品質が売りですが中には必要ないような機能を付けているものも少なくなく、その為必要以上に値段が高くなっているのが現状です。
しかしジェネリック家電は必要最低限の機能だけに止めており、更にOEM供給や模倣品であるために大手メーカーとほぼ同等の製品ながらも低価格を実現できているのです。
ジェネリック家電の国内メーカーとしては山善・ツインバード・オリオン電機などがあります。
家電の種類は大型家電を除いて殆どの家電があります。

ジェネリック家電を使用する上で気になるのが電気代ではないでしょうか?
製品本体の販売価格が安くても過剰に電気代がかかってしまうようでは購入を躊躇ってしまいますよね。
当然ながら家電製品はそれぞれ消費電力が異なりますので、ジェネリック家電の電気代がいくらなのか一概には言えません。
ここではジェネリック家電の中でも人気の高い扇風機を例に電気代を計算したいと思います。
電気料金単価の全国平均は22円ですので、ここでも単価22円で計算します。

ジェネリック家電の扇風機の消費電力は約18Wとなります。
これを1時間使用した場合の電気代は以下のとおりです。
18W÷1000×1時間×22円=0.396円
1時間使用した辺りの電気代はたったの0.39円です。
これを1日8時間使用した場合は3.168円、1ヶ月使用した場合は95.04円となります。気になる人はコチラから

掃除機の電気代はいくら?

毎日掃除をするという方にとって掃除機は欠かすことの出来ない存在ですよね?
誇りを立てずに床に落ちているゴミや誇りを除去できるのはありがたいものです。
そんな便利な掃除機ですが、電気代はいったいくらぐらいかかるのでしょうか?

掃除機と言っても種類によって消費する電力量は異なります。
ここではとあるメーカーのサイクロン式、紙パック式、スティック式それぞれの電気代を紹介します。

サイクロン式掃除機の消費電力は約250w~720w、紙パック式掃除機の消費電力は約380w~850w、スティック式掃除機の消費電力約950wです。
これをそれぞれ1時間使用したと仮定して電気代を計算してみます。

サイクロン式掃除機
250w÷1000×22円(電気料金単価の全国平均)=5.5円
720w÷1000×22円=15.84円
サイクロン式掃除機の1時間使用した場合の電気代はおおよそ5.5円~15.84円です。

紙パック式掃除機
380w÷1000×22円=8.36円
850w÷1000×22円=18.7円
紙パック式掃除機の1時間使用あたりの電気代はおおよそ8.36円~15.84円となります。

スティック式掃除機
950w÷1000×22円=20.9円
スティック式掃除機の1時間使用あたりの電気代は約20.9円です。

これをそれぞれ月と年間の電気代に換算してみましょう。

サイクロン式掃除機は月に165円~475円、年間で1980円~5700円。
紙パック式掃除機は月に250.8円~561円、年間で3009円~6732円。
そして最後にスティック式掃除機は月に627円、年間で7524円となります。
最も毎日1時間も掃除機を使用することは殆ど無いかと思いますが、ここでは分かりやすいように単純計算で月と年間の電気代を求めました
あくまでも目安として捉えていただければと思います。42円物件とは?

エアコンってどのくらい電気代かかる?

熱い日や寒い日でも室内で快適に過ごすために欠かすことが出来ないエアコン。
今や一家に一台は当たり前の家電ですが、どれぐらいの電気代がかかっているのでしょうか?
エアコンの電気代がいくらぐらいなのか見ていきましょう。

経済産業省によれば、夏の昼間頃の在宅世帯の電気使用量はエアコンが半数以上の割合を占めているとのこと。
また一般家庭における年間のエネルギー消費量の内2%以上がエアコンの冷房が占めています。
では金額にするといくらぐらいになるのでしょうか?
2015年総務省統計によると東京の一般家庭の電気代の平均額は5月で約8000円前後、7月は約11000円前後になるということが分かっています。
これは平均額ですから、エアコンの使い方や使用時間によっては電気代がもっと掛かるという可能性も考えられます。
エアコンは夏場のほうが電気代がかかると思っている方も多いですが、実は冬のほうが電気代は高くなります。
というのも冬のほうが室内気温と設定温度の差が大きくなるのでその分エアコンに負担がかかるためです。

エアコンの電気代を節約したいと思っている人は多いのではないでしょうか?
よくエアコンの電気代を節約したいならこまめにスイッチをオン・オフするなんて事が言われていますが実は逆効果です。
エアコンはずっと同じ電力を消費するわけではなく、膨大に電力を消費するタイミングと殆ど電力を使わなくて済む時間帯というのがあります。
ですからエアコンの電気代を節約したいのであれば、膨大に電力を消費するタイミングを極力減らすことが重要です。
エアコンの消費電力が大きくなるのはスイッチを入れた立ち上がり直後から設定した温度に達する時と、外気温と設定温度との差が大きい時です。
スイッチをこまめにオン・オフしてしまうと逆に電気を無駄に食ってしまうということになります。
エアコンはこまめに消さずつけっぱなしの方が電気代はお得なのです。分譲太陽光発電の投資